レーザー脱毛のカウンセリング前に準備すること

レーザー脱毛のカウンセリングを受けるまえに準備すること

準備なしにカウンセリングを受けると、聞きたいことも聞けずに終わってしまうかもしれません。
カウンセリングは有料のことも多いので、以下のことに気をつけて、大切な機会を有効に!使いましょう。

・質問したいことを、メモしておく。

・レーザー脱毛について、予備知識を入れておく。
(このブログも利用して頂ければ、うれしいです^^)


カウンセリング当日は遠慮することなく、わからないことがあったら、どしどし質問しましょうね〜♪

レーザー脱毛は信頼できるクリニックで!

医療レーザー脱毛は信頼できるクリニックで!

安心してレーザー脱毛してもらえるクリニックを選ぶには、どうしたらいいのでしょう?
1つの方法は、複数のクリニックで実際にカウンセリングを受けてみることです。そうすれば、脱毛の内容や価格、ドクターとの相性もわかります♪

また、その際、看護師さんの手際のよさも重要なチェックポイントです。採血や注射などをしてくれるのは、看護師さんであることが多いですからね。

なお、クリニックの外観や設備の豪華さに惑わされないこと!清潔感は大切だと思いますが、肝心なのはドクターや看護師さん、そしてスタッフなのですから。

選んではいけないクリニックは以下の通りです。

・常勤のドクターがおらず、行くたびに違う先生が出てくる。

・説明をするドクターと、実際に施術するドクターが違う。

・カウンセリングがいい加減で、すぐに治療しようとする。

・相談もしていないのに、他の部分の治療も勧められる。

・料金や回数が不明瞭で、料金のすべてを前払いにしようとする。


トラブルが起きた場合のことを考えて、アフターケアにもきちんと対応してくれそうなクリニックを選びましょうね!

レーザー脱毛の流れ

レーザー脱毛の流れ

レーザー脱毛を受ける日の流れは、クリニックによって多少異なると思いますが、あるクリニックの流れを追ってみると……。

@脱毛する部分のむだ毛を処理します。

Aメラニンの量を専用の機械でチェックします。

Bレーザーを照射して脱毛します。

Cレーザー脱毛後の皮膚の状態をチェックします。

Dアイスパックや消炎剤で、脱毛した部分を冷やします。

E次回の予約して、終・わ・り!

一度にどのくらいに脱毛するかによっても違うでしょうが、@〜Eで1時間くらいかかるみたいです。

なお、レーザー脱毛した後は直射日光を避けたほうがいいので、クリニックへは、脱毛する部分がちゃんと隠れる服装で行きましょうね!

レーザー脱毛のカウンセリング

レーザー脱毛のカウンセリング

レーザー脱毛って、実際にはどんな感じで進むんでしょう?
もちろん、クリニックによっても違うんでしょうけど、まずはカウンセリングをする所が多いようですね。
今回は、カウンセリングの時に注意することを書いてみまーす。

@カウンセリングの予約をする。
電話等でカウンセリングの予約をします。
カウンセリングでは、むだ毛の状態を見るみたいですから(当然かぁ)、自己処理は2〜3日控えておいた方がいいみたい。
それから、予約する時に、カウンセリングが有料なのか無料なのかも、ちゃんと確認しておきましょう。

Aカウンセリングで説明を受ける。
わからない点、疑問な点は遠慮せずに訊きましょうね。
もし、その質問を面倒くさがるようなドクターだったらお断り!
速攻で、他のクリニックのカウンセリングを予約しましょう!

Bスキンチェック
カウンセリングの時にスキンチェックをして、脱毛プランを立ててくれるようです。
このときに、おおよその治療回数と費用がわかるみたいですから、予算とあわせて、よーく検討しましょうね。
このとき、テスト照射をしてくれるクリニックもあるみたいです。



どのくらい期間で脱毛できますか?

どのくらい期間で脱毛できますか?


脱毛用のレーザーを照射するヘッド部分は、直径7ミリと10ミリの2つの大きさがあるそうです(あるクリニックが使っている機械の場合)。
脱毛したい部位に合わせて、広い部分には大きいヘッド、細かい部分には小さなヘッドと用途に合わせて使い分けます。
このヘッドで脱毛したい部分を1度に照射しますから、1回のショットで直径7ミリの範囲に生えているムダ毛をいっぺんに脱毛できるわけです(ナルホド)。
1ショットにかかる時間は、1秒足らずです。
例えば、わきの処置であれば、平均で片側120秒から180秒程度です。
両方のわきを処置しても、約6〜8分しか時間がかかりません。

また、毛には毛周期というサイクルがあって、目に見えている毛以外にも、皮膚の中で休んでいる毛があります。
レーザー脱毛の場合、生えそうになっている毛根にも、
同時にダメージを与えますので毛周期を気にする必要はありません(これは、いいですね!)。

1回照射後、しばらく様子をみて、必要があれば、再度照射します。
ムダ毛の太さや生え方が平均的であれば、わきなら3〜5回程度、期間は半年程度もあれば、十分終わってしまいます。

やっぱり、できるだけ早くムダ毛から解放されたいですよね〜。

レーザー脱毛した後、毛穴は目立たない?

レーザー脱毛した後、毛穴は目立たない?

レーザー脱毛できれいに脱毛しても、毛穴がブツブツと目立つようだと困りますよね?
長い間毛抜きで自己処理していたら毛穴が目立つようになってしまったとか、電気針脱毛をしたら、毛穴に色素沈着してしまった……という話をよく聞きます。

でも、医療レーザー脱毛を行った場合、毛穴や皮膚のこのような症状は、これまでに例がありません。

レーザー脱毛後、毛穴の中に毛が残っているときには、多少でこぼこした感じがあるかもしれませんが、残った毛はだんだんと外にでていきますから、そっと引っ張るとスルスル抜けてしまいます。

毛が抜ければ、毛穴もだんだんすぼまり、約3ヶ月程度でキレイな皮膚になります。

うぶ毛を残したり、細くしたりすることはできる?

うぶ毛を残したり、細くしたりすることはできる?



人のよっては、毛が1本もないツルツルの肌よりも、細くて目立たないうぶ毛が残る程度の方が自然でいいと考える人もいるでしょう。

レーザー脱毛に使われるレーザーの性質は「黒い色に吸収され、白い色に反射する」というもの。毛の中に含まれるメラニンは黒いため、レーザーをよく吸収して発熱して毛根にダメージを与えます。毛が太くてしっかりした黒い毛であればあるほど、永久脱毛の効果は高くなります。

これに対して、細くて色の薄いうぶ毛はメラニンが少ないので、レーザーを当ててもあまり吸収せず、発熱やダメージは起こりにくくなります。
永久脱毛の効果はあまり期待できません。

うぶ毛にあまり脱毛効果がないのは、レーザー脱毛の1つの特徴です。
しかし、色が薄くて細い毛は、目立ちませんし、うぶ毛を自然な感じで残したいという人にはかえって好都合です。

また、体毛を完全になくさない方法は、毛や皮脂腺が残るので、皮膚が感想する乾皮症を防ぐメリットもあります。

太くて黒い毛でも、レーザーを照射しているうちに、細い毛に変わるものもあります。ドクターと相談して脱毛の経過を見ながら、希望するタイミングでレーザーの照射を終わらせてもいいでしょう。

レーザー脱毛後肌にトラブルが起こったら?

レーザー脱毛後肌にトラブルが起こったら?


レーザー脱毛は電気針脱毛に比べて脱毛後のトラブルが少ないようですが、人によっては脱毛後に患部がかゆくなったり、黒いカサブタができるなどの症状が出る場合もあります。

そんなときは、自己診断をせず、すぐに脱毛を行ったクリニックに連絡して対処法を聞きましょう。
結果的に脱毛後によくある症状だったとしても、担当のドクターに症状を伝えて適切な診断を仰げば、気持ちが落ち着きますよね!?

できれば、カウンセリングを受けるときに、アフターケアのシステムについても確認しておくと安心でしょう。

レーザー脱毛の後は、お風呂に入れるの?

レーザー脱毛の後は、お風呂に入れるの?


レーザーを肌に照射すると、皮膚の表面から3〜4ミリの所にある毛根部分にレーザーの熱が伝わってダメージを与えています。
つまり皮膚に熱がこもっている状態です。
レーザーを当てた後は冷却剤で患部を冷やしますが、当日いっぱいは、自宅に戻ってからもなるべく温めない方がいいでしょう。

また、浴槽には、目にみえない雑菌(!)も多くいますから、衛生面からも当日のお風呂は避けたほうが無難です。
そう考えると、脱毛した当日は、シャワーを浴びるくらいにとどめておいた方がいいでしょうネ。
翌日からはいつも通り入浴できます。

どうせシャワー浴びるなら、"良い水"↓で!?
R-バスルーム・水道水蘇生器【ムトウアイデア商品通信販売】

妊娠中でもレーザー脱毛は受けられる?

妊娠中でもレーザー脱毛は受けられる?

脱毛に使用する医療用レーザーは放射線と違いますので、妊婦の方に照射しても赤ちゃんに影響はありません。

でも、妊娠中は、精神的にもデリケートな時期なので、レーザーに限らず
さまざまな刺激を与えることは避けた方が無難でしょう。
万が一流産や早産の原因になっては大変ですからネ。
差し迫った理由がない場合は、出産後、精神的に落ち着いてから脱毛したほうがよさそうです。
 
どうしても妊娠中に脱毛したいという人は、特に不安定な状態になりがちな妊娠初期(1〜4ヶ月)を避け、比較的安定している妊娠中期(5〜8ヶ月)からの脱毛をお勧めします。

もし、妊娠中の方が読んでいらしたら……安産をお祈りいたします!!

レーザーを身体に当てて害はないの?

レーザーを身体に当てて害はないの?

レーザー機器には、医療用レーザーと工業用レーザーの2種類あります。

脱毛に使われる医療用レーザーは、公的に定められた安全基準に従って、人体に害を及ばさないような、低い出力レベルに設定されています。
きちんとしたドクターの管理下で行われるかぎり身体に悪影響はありません。
レーザー光自体には、X線のような副作用はありませんし、人体には無害です。

レーザーは正常な細胞に悪影響を与えることなく、ターゲットとなる部分のみを確実に破壊します。 
いたずらに皮膚組織を傷つけることはありません。
まれに、レーザーを照射直後に疲れに似ただるさを感じることがありますが、これは一時的な現象です。

医療用レーザーの光は、皮膚の表面から深さ3〜4ミリくらいのところまでしか到達しないようになっています。
ですから、毛根より深いところにある血管や内臓などを傷つける心配はありません。

よくレーザーの照射による皮膚がんの心配をされる人がいますが、
皮膚がんの原因となるのは紫外線です。
脱毛に使われるレーザーは、赤外線に近いものですから皮膚がんの心配はありません。

○○○○マンの「レーザービーム!!!」ってヤツとは、根本的に違うんですね〜(あたりまえ!)

日焼けしているとレーザー脱毛できないの?

日焼けしているとレーザー脱毛できないの?

日焼けしているとレーザー脱毛はできません。
医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応して発熱します。
だから、レーザー脱毛するときに一番気をつけることは肌の日焼けになるのです。

色に白い人が多少日焼けしたくらいなら問題ありませんが、
かなり日焼けした肌は、メラニンの量が増えて、
皮膚の表面が黒くなっています。そこにレーザーを照射すると、
表面の黒い色に反応して、レーザーが毛根まで、届かないだけでなく、
皮膚に軽いやけどや水ぶくれを起こす可能性があります。

日焼けして1ヶ月ぐらいたって、肌表面の色が、元通りになったようにみえても皮膚の下の方では、まだメラニンが増え続けることがあります。

メラニンの増減の周期にも個人差がありますが、一度日焼けなどで活発になったメラニンが元の状態に戻るまでには、長い場合は3ヶ月ぐらいかかるといわれています。

もしレーザー脱毛を行う予定があったら、3ヶ月前くらいから日焼けをしないように注意して行動しましょう。

顔もレーザー脱毛できるの?

顔もレーザー脱毛できるの? 目に悪い影響はないの?



眉や鼻の下など顔のレーザー脱毛をしたいと考えている方も多いでしょう。
顔にレーザーを照射っていうと、「目は大丈夫!?」って心配しちゃうけど、
顔のレーザー脱毛の場合は、ゴーグルで目を保護してくれるようです。
それに、眉など目のすぐ近くにレーザーを照射する場合は、レーザー用のコンタクトシェルを使用して眼球を保護するそうですよ。
コンタクトレンズみたいな物なのかな? たぶん、そうだよね。

通常、顔に生えている毛には、眉のまわりや鼻の下などの比較的太くてしっかりした黒い毛と、顔全体に生えている色の薄いうぶ毛の2種類がありますよね?

黒い色に反応する医療レーザー脱毛の性質上、太くて黒い毛は効果的に脱毛できますが、うぶ毛につていは、完全に脱毛するのが難しいのがこれまでの現状でした。
(他の項目を書くときに調べたときは、確かそうだった気がする……)

でも、最近では、顔のうぶ毛のような細くてやわらかい毛にも、効果を発揮する新しい機械もでてきているんだとか。

また、レーザー脱毛で生え際の形を変えることも可能らしいです。
でも、一度永久脱毛してしまうと、もう生えてきませんから、将来を見すえて、十分にカウンセリングを受けることをお勧めします!

スネコは顔については、「そこまでしなくても……」って感じ。
予算との兼ね合いもあるし、まずはワキと脚だな……。

敏感肌、肌荒れでも脱毛できる?

敏感肌・肌荒れでもレーザー脱毛できる?


カミソリや除毛剤、脱毛テープなどの自己処理は、思った以上に肌に負担をかけています。また長年にわたって続けますので、肌へのダメージは大きくなります。

その点、レーザー脱毛すれば、自己処理の必要はありませんから、肌が弱くて悩んでいる方には良いみたい。

じんましんやアトピー体質の方でも、レーザー治療とは、関係はないらしく、レーザー脱毛は受けられるようです。
ただ、心配な方はテスト照射で自分の肌の状態を確認してからレーザー脱毛を始めたほうがいいかも。
念には念をいれて……ね!

ただし、例外として、アトピー性皮膚炎で肌に色素沈着を起こしている場合は、レーザーが皮膚上の黒い点に反応してしまうので、その色素が消えるまでレーザー脱毛はできません。
元通りの色に直るまで待ちましょう。

また、肌荒れについては、カミソリ負けくらいの多少の傷は問題ありません。
脱毛に使われるレーザーは黒い色には反応しますが、皮膚の表面にできたかすり傷などの赤い色には反応しません。
とはいえレーザーを照射した部分は一時的に熱をもつので、できれば傷などはない方がいいでしょうネ。
傷がひどい場合は、傷が治るまで見合わせた方がいいんじゃないかな?

レーザー脱毛の痛みはありますか?

レーザー脱毛の痛みはありますか?

永久脱毛をするということは、皮膚の下3〜4ミリくらいの毛根部分をレーザーの出力でやけど(!)させて毛根を破壊することになります。ですから痛みが全くないというのは、ちょっと無理みたい。

ただレーザーの痛みは、レーザーを照射した瞬間に感じるものなので
その痛みが続くわけではありません。

脱毛する部位、毛の深さ、密集度により、
個人差があり痛みの程度はかわるようです。


毛根が浅く毛も細いので痛みは少ないです。

わき
1本1本の毛根が深く毛も太いので痛みを感じやすい。

背中
皮膚が厚いので痛みは比較的少ない。

毛根が浅いので、それほど痛みを感じない。

ビキニライン
毛根が深く、毛も太いのでやや痛みを感じる。

太もも
皮下脂肪の量が多いので膝下より痛みは少ない。

膝下
太い毛に合わせた出力レベルを設定するのでやや痛みを感じる。

医療機関でレーザー脱毛する場合は、痛みが強い場合は、麻酔を使用してくれるようです。
まずは痛みの具合を確かめるために、テスト照射をしたほうがいいかもしれませんね。




永久脱毛は可能ですか?

永久脱毛って、本当に可能なの?

永久脱毛とは、毛を毛根から破壊して再び生えてこないように、処置することです。
毛には、皮膚の表面に出ている部分と、皮膚の中に埋まっている部分があります。皮膚に埋まっている部分は、毛根と呼ばれ、さらにその根っこには、
毛を作り出す、毛乳頭や毛球部と呼ばれる部分があります。

自己処理で、目に見える部分のむだ毛を剃ったり、抜いたりしても、皮膚の中の、毛根が残っていれば、むだ毛は何度でも生えてきます。

医療レーザー脱毛では、毛根から破壊して再び生えてこないように処置します。
だから、「永久!」って断言できるかどうかはわからないけど、ほぼ永久脱毛(?)と言ってもいいのかなぁ。

レーザー脱毛のメリット&デメリット

レーザー脱毛のメリット、そしてデメリットは?

レーザー脱毛のメリット・デメリットをまとめてみました!

レーザー脱毛のメリット
・ワキの下なら1回5分程度のレーザー照射で済むので、短時間! そして、短期間でもあります。

脱毛と同時に、臭いの元も破壊するので、腋臭多汗症も緩和!

・毛穴の黒ずみやクスミも分解するので、美白・美肌効果も期待できるとか!

レーザー脱毛のデメリット
・レーザー脱毛
は黒い色素に反応するため、日焼けした部分や色素の濃い部分には照射できない場合も……。

・メラニンが少ないor無い白髪や薄い産毛は脱毛できない場合も……。

この他、価格については決して安くはないけれど、ほぼ永久にムダ毛の心配をしなくて済むと思えば、高くはないのかも……。
こればかりは、個人の価値観と懐具合(!?)によりますね!

レーザー脱毛の費用ってどのくらい?

レーザー脱毛の費用って、どのくらいかかるの?

エステティックサロンとかクリニックによって色々だと思いますが、スネコが調べた大まかな価格をお知らせしますね。
何回くらいの施術で脱毛が完了するのかは、サロンやクリニックによって、そしてムダ毛の状態の個人差(?)によっても変わってくるでしょうから、今回は各部位3〜5回程度の施術をした場合の価格とさせて頂きます^^
詳しいことは、ご自分でサロン・クリニック等にお問い合わせください!
そして、「ここは良いぞ〜」っていう情報があったら、ぜひお知らせ下さいね♪

両ワキ 3〜7万円
ビキニライン 3〜7万円
両ひざ上・下 各5万〜10万円
両ひざ下 8万〜20万円

レーザー脱毛はどのくらいの周期で受けるの?

レーザー脱毛はどのくらいの周期で受ければいい?

毛の成長周期にあわせて6〜8週間あければGOOD!



毛には、毛周期と呼ばれる、生え変わる周期(発毛脱毛のサイクル)があるそうです。

実際に皮膚の表面に出ているムダ毛は、全体の3分の1程度で、残りの3分の2は、皮膚の下でスタンバイしている状態だとか。

レーザーによって毛根を破壊できるのは、成長初期と成長期のムダ毛だけだから脱毛を完了させるまでには、皮膚にかくれているムダ毛が全て表面にでて出てくる周期が必要。
部位や体質によって個人差があるでしょうが、だいたい6〜8週間あけて定期的にレーザーを照射すれば、キレイにできるようです。
頻繁に通う必要がないので、手間はそんなにかかりませんね!


レーザー脱毛って、どんな部位が可能?

レーザー脱毛はどんな部位が可能?

ボディはもちろん顔やデリケートゾーンも脱毛可能です。

全身ほとんどの箇所の脱毛ができるようです。
顔の眉毛周辺や口周り、そして乳輪やおへそ周りなど、デリケートゾーンのレーザー照射も可能だって。

脱毛できる箇所の例はこの通り!

●両わき
●ひざ下(膝頭〜足先)
●太腿
●足の指 甲
●前腕 (肘半分〜指先)
●上腕 (肘半分〜腕付け根)
●手の指 手の甲
●ビキニライン ビキ二奥
●肛門(!)
●背中半分
●臀部(ウエスト〜ヒップ下)
●胸部(鎖骨〜肋骨下)
●腹部(肋骨下〜骨盤上)
●乳輪周囲(乳輪外1cm周囲)
●おへそ周り
●口周り(鼻下〜鼻唇溝〜顎)
●頬(目の下〜小鼻横〜耳下)
●顔全体(フェイスライン)
●えり足(生え際〜首付け根)
●首前面(首付け根〜鎖骨)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。